スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬の愛した珈琲とオランダ焼き菓子
龍馬の愛した珈琲とオランダ焼き菓子

長崎 ギフト 南蛮館から"大人のおやつ"をおさがしの方へ
龍馬が愛した珈琲&オランダ焼き菓子


貿易の発祥地長崎から 幕末の焙煎方法で忠実に再現したコーヒーと江戸時代の菓子職人の伝統を受け継いで焼き上げた焼き菓子とのコラボレーションは、あなたを幕末へとタイメスリップさせます。

だから坂本龍馬のことに思いをはせながら、コーヒーを飲むのもいいですよね、そんな時間を自分のご褒美にとプレゼントしてみませんか。

きっと歴史のロマンを感じるはずですよね!

すると気持ちも秋空のように、済みきったさわやかな舌触りとのどごしから
仕事のストレスも嫌なこともすっ飛びますよね!

なりたい自分になろう!

送料は全国一律525円 販売価格 1050円 


なーント 販売価格 1050円です。
あなた、珈琲を飲んで坂本龍馬になりきってみませんか


龍馬が愛した”珈琲&オランダ焼き菓子” (本体価格 1000 円 + 消費税 50円) 焼き菓子製造地は岐阜です。

販売価格 1050円

購入数






スポンサーサイト

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

坂本龍馬が愛した”珈琲”
長崎のギフトを伝える南蛮館はお土産、販促品、お歳暮、お中元に好適品をそろえてます

薩長同盟坂本龍馬


最初に龍馬を幕末の英雄に押し上げたのは桂小五郎こと木戸孝允である。
当時敵対してた、水と油の薩摩藩と長州藩が龍馬のお膳立てで同盟締結交渉が
慶応2年(1866年)正月に西郷と木戸の間で進められていた。
木戸の手記「防長勤皇事遺蹟自叙由」によれば 龍馬の説得によって長州の桂小五郎と
薩摩の西郷隆盛は京都の薩摩邸で交渉が行われたが、両者藩のメンツにこだわり続けて2週間経っても交渉は進展せず、決裂寸前かと思われたとき、竜馬が藩のメンツにこだわる木戸こと桂小五郎に向かって「自分は日本のためにがんばっているのに、藩のメンツにこだわるとは何事か」と一喝して同盟をたちまちのうちに成立させたと木戸の手記は伝えていることから 時の為政者やマスコミにもてはやされて、英雄待望論とともに、龍馬は幕末のヒーローになっていくきっかけになったのである。

しかし このときの龍馬の活躍に疑問を持つ資料が発見されたのである。

龍馬の愛した珈琲(コーヒー)でも飲んで、もう一度じっくり新事実とは何か考えて見ましょう。
なーント 販売価格 840円です。
あなた、珈琲を飲んで坂本龍馬になりきってみませんか

龍馬が愛した珈琲



龍馬が愛した”珈琲” (本体価格 800 円 + 消費税 40 円)

販売価格 840円

購入数






テーマ:暇人日記 - ジャンル:日記

坂本龍馬が愛した珈琲(コーヒー)
長崎 ギフト 南蛮館からお土産、販促品、お歳暮や、お中元をおさがしの方へ
坂本龍馬 プロローグ
坂本龍馬が愛した珈琲(コーヒー)
幕末、日本の大きな動乱のうねりがまさに起ころうとする中、脱藩浪士に過ぎない一人の男が幕府だ薩摩だ長州だと 藩閥の既得権益を守ろうとして、 いがみ合い殺しあいが
日常茶飯事の日本の中を 駆け巡って行った男がいた、それはすさまじい行動力の持ち主であり、さらにすばらしい発想力ととてつもなく好奇心旺盛な男が日本を洗濯するためにさっそうと日本の歴史の表舞台に現れたのである。というよりか、押し上げられていったと表現するほうがあたっているかもしれない。

20061218190522.jpg

世界のうねりを見据えて 世界の中の日本の立場を明確に位置づけ、船中八策という青写真を掲げて、私利私欲を捨て日本という公を貫いた男 信念を持ち続ける男がいた。
こんなかっこいい男の生きざまは、庶民の支持を受けやすく、時の権力者たちから
利用されて祭り上げられて行く英雄の姿が見え隠れするのである。
20061218190635.jpg

そのきっかけは薩長同盟から始まる
天才でもなく、神童でもなく 実に親しみやすい目を持った男がいたのである。
国家が混乱したり現状を打破しなければならなくなったとき、庶民はいつもジレンマのスパイラルに入り込んだと感じる、そのときに 常にふつふつと英雄待望論が湧き出てくるのである。その時代、その時代にピタット当てはまる男がいたそれは小説家たちの題材に上り常に魅力的な男として描がかれ、表現されたために、時の権力者たちの権力維持に一役買った歴史の中に生き続ける男であり続けるはずだ。
それは、言うまでもない坂本龍馬である。 だから坂本龍馬は永遠に日本を代表する英雄であり続けるであろう。
そんな龍馬が愛した珈琲(コーヒー)を飲んであなたも歴史のロマンを龍馬と一緒に感じませんか。
慶応元年(1865年)頃、長崎でしか味わえなかった珈琲をその時代の焙煎方法で忠実に再現して、さらに ドリップバッグにして飲みやすくしました。
20061208193920.jpg

なーント 販売価格 840円です。
あなた、珈琲を飲んで坂本龍馬になりきってみませんか


龍馬が愛した”珈琲” (本体価格 800 円 + 消費税 40 円)

販売価格 840円

購入数





坂本龍馬が愛した“珈琲”
長崎ギフト南蛮館からお知らせです。
坂本龍馬が愛した“珈琲”である、幕末のコーヒー(珈琲)をあなたに紹介します。 
リラックスを味わいたいあなたへ、または 歴史を感じたいあなたへ
坂本龍馬は御存知ですよね、いや知らない人はいないでしょう。
さて何をしたんでしょうかと 問えば、ほとんどの人は、
よーく知ってるけど・・・・・ 
サー 何をしたのかなと考え込む人がほとんどですよね。
だけど、よーく知ってる人は、深く知ってます。

こんなことまで、 
グラバー邸の屋根裏に隠し部屋が発見されたのは知ってますか。

隠し部屋内入り口


こんな場所、通路の屋根裏にあったのです。
発見されてのはここ10年前ぐらいではないでしょうか?

隠し部屋内


だから。勘のいいあなたは気づくでしょう、グラバーのもとには、倒幕の志士たち、坂本龍馬をひっとうに、伊藤博文などなどがグラバー邸で倒幕の謀議をしてたのです。

グラバー邸


勘のいいあなた、少し珈琲を飲みながらリラックスして想像してみましょう。
起業をしたあなたなら、または貿易の実務に詳しいあなたなら、すぐに気づくはずです。 素人の坂本龍馬が亀山社中(株式会社)を起こして、すぐに幕府との輸入許可を取り付けて、税関との通関手続き、運搬を短期間の間に行った不思議です。また、彼は小曽根邸にいて亀山社中にはほとんど行ったことがないこともです。
グラバーは坂本龍馬や伊藤博文たちを招き入れて、コーヒーを飲みながら 海外の事情を教え込み、薩摩だ長州だといがみ合ってたら、いつかは外国の属国になることを問いただしてたのではないでしょうか、さあ、あなたも幕末の珈琲を飲んで考えて見ましょう。
西洋の知識がなければ”船中八策”も考案できなかったでしょう。

あなたも、新たな発見やアイデアが浮かぶかもしれないですよ。
さあー 龍馬フアンや歴史好きの人たちには必見です。

慶応元年(1865年)頃、長崎でしか味わえなかった珈琲をその時代の焙煎方法で忠実に再現して、さらに ドリップバッグにして飲みやすくしました。

龍馬が愛した珈琲


なーント 販売価格 840円です。
あなた、珈琲を飲んで坂本龍馬になりきってみませんか


龍馬が愛した”珈琲” (本体価格 800 円 + 消費税 40 円)

販売価格 840円

購入数




 


長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。