スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍問題
朝青龍問題について

朝青龍の粘り勝ちか
朝青龍の精神的病気は、またもや仮病ではないかとの疑いがもたれている。
精神的な病をあたかも持ってるような振りをして、相撲協会との軋轢から 故郷 
モンゴルへ帰りたっかたのではないだろうか。 

日本の報道を鵜呑みにすれば、彼は自分がしでかした問題を見つめようともせず、
子供がだだをこねているだけにしか見えず、逃げることしか考えてない朝青龍だと
解釈してしまうのです。

モンゴルから来て日本の文化になじもうと苦労しながら相撲道を学んでる朝青龍を含めて
モンゴル人力士達のためにも 私はあえて日本人とモンゴル人の比較文化論はさけることにします。

疑問に思うのは何故診察医がめまぐるしく変わったのかです。
精神病に詳しい先生によると「解離性障害」ってのは、感情のコントロールが効かなくなる状態のことであって、昔でいえば女性がかかるヒステリー症状のことだそうです。
それは、「無意識」に原因があるとのことで、もしわざと意識的に先生を騙そうとしてるのであれば、仮病ということになる。

つまりモンゴル航空会社に予約と解約をとり続けてたり、

モンゴル空港に着くなり、自分から意識的に早く降りようとしたりで、

これは「意識的」なものであって、「無意識」な行動であるとはとうてい思えません。

朝青龍の診察医も次々と変わり、精神科の診断名も
「神経衰弱状態、抑うつ状態」から「急性ストレスし障害」になり「解離性障害」の「昏迷」状態という診断に診察医ごとにころころと変わりました。
先生に言わせれば。「昏迷」というのは、もうろとして外界の認識もできずコミュニケーションも取れない状態だそうである。
しかし成田での行動や飛行機内の行動から判断すると「昏迷」とは思えない。
また、診察医ごとに、なぜ短期間のうちに、いろんな診断名がついてしまったのか詳しい先生に尋ねてみると
 その理由は、診察医ごとに、朝青龍が違った症状をまたは違った行動や態度・言動を見せているからではないかと想像できるそうです。
 だから 診察した3人の医師に、同じ症状を見せ、同じ態度・行動・言動をとっているのであれば、同じ診断名になるであろうとのことです。

すると仮病ですねと断定した質問をすると
精神医学においては、「患者さんの訴え」がとても重要になるそうです。

 ですから、患者から「苦しい」とか「つらい」つまり「精神的に調子が良くないです」といわれれば、特にはっきりとした異常がみられなくても、患者さんが苦しんでいるのであれば、それに共感して、治療を施していくのが、精神科医の使命であることから診断名をつけなければならないとのことでした。

ようするに 鞭打ち症状と同じで自己申告であるということだと理解しました。

だから貴方は仮病ですとか正常ですとかは言ってはいけないそうです
そんなことを言えば治療行為とはならないからだそうです。

世間一般報道されてるように 仮病なのでは?と疑われてるのです。
が真意は 判らないので お医者さんの想像でしか 判断できないのが
真相だと思います。




スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。