スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校野球から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
高校野球から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
旧態前たる高校野球連盟

他国の農業と日本型の農業と比較してみれば日本人の構造的行動規範がうかがいしれるのです。
東南アジアなどでは、米は年3回取れるから自分の好きな時期に適当にもみをまけばよい。
アラブでの農業は麦をばら撒いた後は稔った頃に戻って来て、適当に個人・個人のスケジュールに合わせて刈り取ればいいのである。

千数百年前から日本の稲作は春夏秋冬という季節のローテーションを通じて梅雨時期の田植えから秋の稲の刈り入れまで、スケジュール通り行わなければならない状況へと追い込まれたため、皆が同じ行動をとらなければ稲作ができずに餓死する状況となり、日本人は「小異を捨てて大同につく」という指針を行動規範としなければならなかった。

すなわち[連帯責任]という絶対的規範を宗教の戒律のように律儀に守らせなければ稲の刈り取りが不可能となるのです。

だから日本では、 アラブと違い、独裁者がいなくても同一方向に進むように訓練されてきたのです。
皆と違う意見を唱え、行動すれば人間性を否定され、そして村八部になることを意味することになり、それは餓死へと繋がったのですから。
このように千数百年前からこのように「村落共同体」維持が必要不可欠であると意識付けられみんなと同じでなければならないと訓練されてきたのです。
何度も言いますがこの伝統は太古の昔から日本では、人々に受け継がれてきたのです。 

昔も今も、今は小中高校生の間で「空気を読めない」は、「周りと協調性がない、あるいは持とうとしない」とほぼ同義語となり、「読めない」子は周りの子から排除されるのです。

良きにつけ悪しきにつけ「村落共同体的協調性」が受け継がれ、空気の読めないやつは仲間から排除されたりしているのが現状です。 周囲が間違っていても、その場の空気に従い同一行動をとらなければ村八分になるのです。
だから皆と同じでなければならないという悪しき意識的慣習が遠い昔から続いてるのです。
年月が経ちあのときのことを振り返ったとき、何故あんなことをしたのだろうと思い起こしたときに必ず言われる言葉が 「あの時はそういう空気だったから仕方がなかったんだよ。」と回顧されるのです。

広陵の監督は球審に対して抗議したくても個人レベルで責任を問われるのではなく連帯責任という形を背負わされるのです。

だから[連帯責任]という絶対化された規範のために身動きできない日本人の意識構造を形成してるのです。

組織を維持するためには何もしてはいけない、波風を立ててはいけない、何をするのかなど考えてはいけない。だから何も言わせない、何もさせない 他人と違うことをしてはいけないが 高野連の考えとなっていくのです。 
一昔前の年功序列を規範とした会社組織を研究してみれば判ると思います。

the end

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

高校野球から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
高校野球から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
旧態前たる高校野球連盟


組織改革ではなく組織維持のために奔走してる高野連、だから問題が発生しても解決できずに既得権益を守る集団と化してる。
野球人である前に、人間であれ。 人間であるからミスジャッジもする。
大本営高野連という独裁者が言論統制をしくように、批判をさせない高野連。
教育者であるなら、人間であるなら、人の話も聞こうではないか
野球の特待制度と無縁の公立進学校が優勝すれば 高野連の考えに間違いはなかったと宣伝したかったのではと疑われないためにも、
「高野連の陰謀がそこにはあった」などの記事が週刊誌をにぎわす前にでも、組織のルールーを明文化して、言論の自由というルールを守るための番人のトップとして君臨してもらいたいものだ。

では何故組織を維持するための高野連と野球部を守るためには高校野球指導者は意見を言いたくてもいえない「その場の空気」が生まれてしまったのだろうか。

それは高野連の体質から見られる千数百年脈々と受け継がれてきた、伝統的農耕民族日本人の生き方全般が浮き彫りにされてくるのです。

to be continued

テーマ:高校生 - ジャンル:学校・教育

高校野球連盟から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
高校野球連盟から理解できる日本人の本音と建前をつかさどる意識構造
旧態前たる高校野球連盟


今年の夏の甲子園高校野球決勝戦で、またドラマがあった。


第89回全国高校野球選手権大会で準優勝した広島・広陵の中井哲之監督は23日、
 決勝の佐賀北戦後、審判の判定に不満を漏らしたことに対し、日本高校野球連盟から
 「審判は絶対的で、不満を言うのは好ましくない」などと注意を受けたことを明らかにした。
 八回1死満塁の場面でエース野村が投げたカウント1―3からの低めの速球がボールと
 なり、押し出し四球。その後、逆転満塁本塁打を浴びた。この場面以外のストライク、
 ボールの判定も含め、中井監督は報道陣に「おかしい。ビデオで見れば分かる」などと
 審判を批判した。
 宿舎で取材に応じた中井監督は「(審判批判は)いけないことと分かっていたが、選手に
 言わせるわけにはいかないと思ったので、あえて自分が言った」と話した。


佐賀北高校の完全ホームグランドと化した異様な雰囲気に飲み込まれたかのような球審のジャッジである。8回の裏佐賀北高校の攻撃 ワンアウト満塁1ストライク3ボールから
広陵高校のピッチャーが自信を持って投げた球は、誰が見てもストライクだった。
しかしボールとの無常な判定、佐賀北高校を応援してた我々も「うそだろう」と絶句してしまった。

打者の立場から見たら、1-3のカウントだから きわどいコースに投げこめれる球は見送ればいい そこへすばらしいストライクのコースをついた球種に呆然とバッターボックスにたたずみ、見逃してしまったというのが実情ではないだろうか。
しかしボールとの判定、「もうけた」と思ってもおかしくない判定だ。

この判定に対しての球審の説明は、キャッチャーのグローブが下に動いたからとの事
そこでこの球審に不信感を持ったのは私だけではあるまい。

桂等球審は8回の押し出し四球となったボール球について、き然とした
姿勢で説明した。「低いと思った。ミットが下から上に動いていた。ボール、
ストライクは私の責任。(判定にも)バラつきはなかった。あれは低かった」。
とのコメントを発表してる。

確かにキャッチヤーの技術として、キャッチしたグローブをスライドさせて如何にストライクに見せるかも技術のうちではあるが
キャッチャーのグローブの動きを参考にしてジャッジをするのかと、球筋を冷静沈着な目で見る能力がないのかと思わせる発言である。

そして後は広陵のピッチャーの心の動きであるが、やはりあの魔球がボールと判定されれば後は球審に対しての不信感が募るばかりである
どこに投げてもボールと判定されそうで、ついつい腕の振りも小さくなり、スライダーを低めに投げるつもりが高めに棒球を投げてしまったのであろう。
そして打った本人もびっくりする満塁逆転ホームランとなったのである。

運も実力の内を絵に描いたような勝ち方であったのは言うまでもない。

高野連の考えが高校野球は教育の一貫であるのであれば、高校野球のあり方であるルールを明文化してもらいたい。そして現場である高校野球指導者の意見を聞き、参考にしてもらいたい。彼らのルールは高野連という[絶対化]されたものに対して批判してはならず、黒でも白といわれれば、それに従わねばならず。審判のミスジャッジにも異論を唱えることができないような「その場の空気」を作り上げてる。
 
to be continued

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

高校野球連盟
旧態前たる高校野球連盟組織

P1030405.jpg


高校野球憲章第13条に違反となる、高校野球特待生制度による入学金・授業料の免除制度の適用を受けてた高校生は7971人と判明そして日本高校野球連盟に加盟する私立高校737校のうち半数の376校が違反の自己申告をした。
具体的な数字が表面に現れたが、特待生制度は世間ではあたりまえで通ってたので数の多さには、誰もが驚きはしなかった。
監督責任と法規を順守させることができなかった高野連はどのような対応をとるのか
興味あるのは、私だけではあるまい。 

この日本では法律とか条令違反は発覚しなければ、皆が違反してても黙認され、発覚して世間の騒動になれば組織や団体は右往左往する。

その反面、今も昔も日本では、法律ができても、法を順守すれば組織が機能しなくなるとなれば、
鬼でも蛇でもない、血の通った人間なのだから、ここは人間として「法外の法」で 法を無視してもしょうがないという空気に支配されて、平気で無視されてきた。

特待生制度を受けた生徒は5月31日までの対外試合の出場が禁止され、野球部長は交代となり、さらに5月3日以降に憲章違反が発覚した場合は、無期限の対外試合禁止というペナルティーが課せられるのです。

高野連の責任は自らの手で追及されるのだろうか、それとも謝罪だけで終り、憲章違反高校や生徒をスケープゴートにするのでしょうか?

そして何故昔も今も法律や条例に欠点がある事に気づいたなら、積極的な法律や条例改正に動かないのでしょうか? もう「その場の空気」に支配される、場当あたり的政策や消極的決断・決定はやめなければならないのです。

戦略無き決定・行動はその場の空気に支配され、落しどころを見失うだけである。

昭和25年からの歴史がある高野連と朝日新聞との関係は、我々にはわからない深い関係があるのかもしれないが
古いものに縛られ変えようとしない高野連トップは特待生制度とは、「奨学金制度」である事を認識しなければならない。

だから高校野球連盟憲章に「奨学金制度」の許可を盛り込まなければならない。

高校野球憲章第13条を金科玉条のようになぜ守らなければならないのかわからないのは私だけではあるまい。 「人間として」

これが会社経営での人事制度での場当たり的対応であるなら 組織の崩壊であるし
ありえない組織運営を行っているだけである。

もう高野連は旧態前たる社会主義制度から脱却し、そして
高校野球の発展と高校球児の救済のため「人間として」スポーツ発展に寄与しなければならない。


テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。