スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ法王、地動説初めて認める ベネディクト16世
人間と宗教
ローマ法王、地動説初めて認める ベネディクト16世

神の光

今朝の西の本新聞にこんなニュースが掲載されていた。

ローマ法王、地動説初めて認める ベネディクト16世
【ローマ22日共同】ローマ法王ベネディクト16世(81)は21日、ローマ法王庁(バチカン)で信者らを前に、天文学の父、ガリレオ・ガリレイについて「彼の研究は(キリスト教の)信仰に反していなかった」と述べ、同16世として初めてガリレオの地動説を公式に認めた。

これには笑ってしまった。

と言う事は、今まで天動説(地球は静止していて、太陽が地球の周りを回ってる)を信じていたのか?

「初めに、神は天地を創造された。」と言う教えがあるから仕方ないのだろう。

それと400年ほど前から否定し続けてる手前、その事に触れられなかったのだろうが

宗教とは?と考えさせられるニュースだった。


という私のブログ仲間の感想を載せてみましたが
このコメントから察して 我々 人間教徒の宗教 文化の考え方が見え隠れしてくる。

天動説 地動説を信じる信じないの問題ではなく
宗教の教義は絶対に変えてはならない これは世界の宗教の常識であり
人間を視点に考える我々人間教徒から見れば 笑ってしまうだろうし

神様は絶対だと信じない日本人の常識は世界の宗教の教義から見れば非常識なのです。

これが 我々の信じる神様はたくさんいるという文化で育った我々には笑い話かも知れないが 
絶対的な神様が天地を創造されたのではない  
天動説が間違ってると唱えたガリレオの並々ならぬ勇気には ただ 感服するだけです。

ガリレオだけではなく、 ダーウインは進化論を唱え 人間は神様から造られたという
宗教の教義に反して 絶対的な神様を否定する反逆者となりうるのです。
ガリレオもダーウインも まさにKYだったのでしょうね

 その逆で外国人から見た日本を見れば 日本人の憲法9条の解釈は まるで 
それは 宗教論争に見え聞こえてくるそうです。

何故かって 世界の宗教の教義は絶対的なもの 憲法なんてたかが憲法 
だから 解釈が間違ってるなら変えればいいだけ、 
だけど日本人は宗教の教義は絶対に変えてはならないような憲法解釈をする
おかしな国民だそうです。
これは私だけではなく、日本をウオッチングしてる世界のシンクタンクの分析です。
 
  憲法9条を改正せよなどと唱えれば 日本ではガリレオと同じで宗教的迫害を受けるでしょう。 
人間として許される行為ではない といわれて 村八分にあうかも知れないから 

だから 自衛隊は違憲か合憲かと唱えてるのが無難なのです。

この曖昧さが日本の良き文化であり、争いごとを無意識に避けながら
組織が維持できるてるのでしょうね

スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

倖田來未と向き合う人間教徒たち
倖田來未と向き合う人間教徒たち

P1050419.jpg


1月30日のオールナイト日本の ラジオ番組で、自身のマネージャーが結婚したことにふれて 35歳を過ぎると「お母さんの羊水が腐ってくる」ので早く子供をもうけるようにと発言をして思わぬ批判を受けて、活動自粛や関連企業のCMの一時休止などが相次ぎ、大騒動に発展していた歌手の倖田來未さんが7日、フジテレビ系の報道番組で、不適切な発言であるとの見解を述べてあらためて謝罪した。

という報道を聞いて 私には 彼女のキャッチフレーズである "エロかっこいい"
が際立つぐらいの 歌手であるぐらいしか情報は持たないけど 
ついこの前も同じ不用意な発言をした政治家がいましたよね

それは、柳沢元厚生労働相の 「女性は子供を生む機械」と発言して、大きな波紋が広がった問題発言です。まだ記憶に新しいから覚えてる人も多いと思います。

何故、「お母さんの羊水が腐ってくる」の発言が、思わぬ批判になったのかといえば
「女性は子供を生む機械」 と同じで、日本人独特の宗教観からくる許しがたき発言なのです。

30年ほど前 福田赳夫元総理大臣が“人命は地球より重い”というメッセージで、
日本人のテロリストに屈した日本政府に如実に見られるように、 人間を尊重する
日本人の人間らしく 人間としての規範に照らし合わせれば、人間教徒たちにとっては 
人間不在・人間無視の発言と受けとめられ、
人間教徒の絶対的規範である人間として許されない発言となって 
「思わぬ空気」が出来上がっていったのです。

「空気」というのは人間教徒にとっては、「教義」であって絶対的なものなのです。 
だから「空気」には誰も反対できず、逆らうことなどなおさらできず、 
人間は空気の前では弱い存在である事をこの不用意な発言で 
再認識させられたのです。

歌手である前に人間であれと 人間教徒であるフアンに謝っても
これは宗教問題であるから 謝罪会見を行っても、
そうおいそれと許されずに終止符がつかないのは 柳沢元大臣の 
女性は子供を生む機械 で明らかなはずですから。

 この空気を察して 人間としての謝罪会見を行った倖田來未さん

あなたも立派な人間教徒です。 歌手である前に人間として不快感を感じさせた
人間達にきちっと謝罪したのですから
歌手である前に、人間としての更なる成長を願って、みなさんを励ます歌を歌い続けてください。

テーマ:■■倖田來未■■ - ジャンル:アイドル・芸能

英雄伝説 坂本龍馬
英雄伝説坂本龍馬
薩長同盟からみた人間と宗教

何故、後世の人々が今でも不可解と思ってる薩長同盟が成立したのか日本人の宗教観から掘り下げて解明を試みてみました。

そこでわかりやすいように国際社会と日本社会を比較検討してみました。
世界の宗教の常識は、神はただ一人だけであるから、個人間の話し合いにおいて、絶対的な神様との契約が成立するのです。 だから個人間の契約とは、当事者同士でお互いの自己主張を徹底して行い相互譲ることなく、打算の中で取引を行い、どこで譲れば当方に優利に働くのかの本当の意味の粘り強い対話をしているのです。

何を言いたいのかというと、外国人との折衝では、一歩譲れば相手が一歩踏み出してくる慣習の中では双方が徹底的な自己主張を行い妥協点を相互が探りあい、見つけるのです。
だから神様と個人個人が約束した契約を守るためには、必ず明文化し、文章化して自分達の絶対的な神様との契約を守ってるのかどうかを常に相互確認しなければならないのです。

薩長同盟 龍馬の裏書

その場で薩長同盟で約束されたことを明文化されなかったので木戸こと桂小五郎が文章化して手打ち人である龍馬に証人としての証しを求めたのがこの写真の裏書である。
内容は:表に御記し成され候六条は、小松帯刀、西郷隆盛、両氏及び老兄(桂小五郎)、龍(龍馬)等もご同席にて談論せし所にて、すこしも相違なく候、後来といえども決して変わり候事これ無くは、神明の知るところに御座候。2月5日

この内容に非常に興味深い、日本教徒らしい言葉が2ヶ所ある。
1ヶ所は 「神明の知るところに御座候」である。
多神教をつかさどる日本は、人間同士のお互いの関係でその時、その場で話合われたことが絶対となり、その証人としてヨロズノの神様やお釈迦様、または天地神明と名を変えて誓うのです。そこには契約という概念は無く話し合いという絶対的なものが生まれるのです。 それが人間教を信ずる日本教徒なのです。

もう1ヶ所は 「談論せし所にて、すこしも相違なく候」薩長同盟は当事者同士では密約などという概念はなく、話し合い絶対なのだから
その場で明文化されず、文章化されず あとから同じ日本教徒の証人である龍馬に裏書を長州の木戸孝允が承認してもらいたかったのです。
もし木戸が、その場で文章にして 薩摩藩に署名捺印を求めてたら この話し合いも破談になってたであろう。なぜなら 同じ人間同士である俺達を信用できないのかと憤慨されるのが落ちであるから。

だからこの犬猿の中である薩摩長州の手打ちは、相互信頼の置ける人間教徒の下で説得されて行われるのが必然であり 長州に近い中岡信太郎ではなく、両藩に中立と認められた人間味あふれる人間教徒である坂本龍馬が選ばれるのには相互対立極に立つ組織にとっては当然、妥当であると了承されたのである。

「小異を捨て大同につく」などという、みんなの意見が同じならそれに従うなどの行動指針を規範にしてる日本教徒達だから薩摩藩士たちや長州藩士たちにも理解されて不可能が可能となった薩長同盟なのです。

この日本人の精神構造である宗教観は、外国人である、グラバーやパークスには理解できなかったであろう。日本に来日した宣教師達にも理解できなかったのですから。
だから決して幕末の志士たちは、外国人をあやつっても、あやつられることは無かったのです。


テーマ:自分勝手に書きまくるブログ - ジャンル:

人間と宗教
人間らしく生きる。
人間教を説明するのにちょうどいい例があったので取り上げてみようと思います。

いま国会で問題になってる「女性は子供を生む機械 装置デアル」との柳沢厚生労働大臣の発言ですが 人間らしく生きる


彼の就任当初のキャッチフレーズである “人間尊重”が皮肉とも受け取られるような人間蔑視の人間の規範を逸脱した発言となっており
民主党党首小沢代表からは国会で 「誠に人間としてあるまじき発言とは思えない。」
とたしなめられ。

人間教徒達、いわゆる日本国民を怒らせた発言となり 与党、野党の党派を超えた問題となっています。 
だからこれは、政治の問題でなく、宗教の戒律の問題であるから、これを収拾させるには辞任せざろうえなくなるのでは。と冷静に捉えてるあなたも思ってるはずです。

“ごめんなさい”といって 辞任しない限りはこの混乱に終止符を打つことはできないでしょう。
なぜなら、人間教の宗教的律法である“人間尊重”を逸脱すれば、“人間らしく生きる”という基本的な律法は神聖不可侵であるから手が付けられなくなるはずです。
だから、今の国会が手が付けられない状態である。
いわゆる宗教論争は手が付けられなくなる。

この発言に対する民主党の議員の国会質問に対して
 この人間教をつかさどる人間教自民党の司祭である 安倍晋三総理の発言は
「今回の発言によって多くの女性が心を痛めたことに対し、私も深くお詫び申し上げる。」
でしたが、これは男性、女性の問題ではなく、“人間として”の不適切な問題と捉えようとせずに政治問題にすり替えようとされてるが、確実に、問題の解決の方向性を間違った方向にもっていってるので、収拾がつかず
やはり、厚生労働大臣は、辞任せざろうえなくなるでしょう。
この問題を政治問題にすり替えようとする意図は、
“柳沢厚生労働大臣は1日朝、東京都内で記者団に対し、みずからの進退問題について「与えられた仕事を一生懸命やり、成果で総理の厚意に報いたい」と述べ、辞任する考えのないことを強調しました。”   との報道が物語っています。

がんばって柳沢大臣が辞任しなかったら、典型的な人間教神学者の争いと化し、手が付けられなくなり、人間教自由民主党派の司祭も必然的に辞任せざろうえなくなるでしょう。


テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース

人間と宗教
人間とは何ぞや
神社
神社


この世の中は、神でも法律でも憲法でもない。人がいるから社会は形成されてるのであって人間不在の社会は「人間性を無視した社会」であって、人間不在の政治 人間不在の教育 人間不在の組織が形成されて現在のいじめ、自殺、親、兄弟、夫婦殺人などが起こり
この社会がくずれていくのです。
だから、人間という定義が日本の最高の法であることを認識して あなたは立派な人間味あふるる人間という規範のもとに人間社会に奉仕する お役に立つ学問を学び、”世渡りべた”といわれながら、人から立派な人間らしい人間といわれるようになりなさいと、目上の人からいわれつづけてきたのです。

このことが、日本に宗教をひろめにきた宣教師には理解できない。

宣教師


なぜなら創造主である唯一人の神様がアダムとイブを創造されて、人間社会を創られたのだと”守らねばならぬバイブル”に教えとして記載されてるのです。
何故ダーウインは進化論を唱えたばかりに迫害を受けたかといいますと、神が創造した人間が猿から進化したと教え説いたならば、神を否定したことになり、バイブルを学び バイブルの教えで社会秩序が保たれてるのに 何を規範にして生活ができるのかわからなくなるからです。
日本人的考えで文化、宗教、習慣の違う人たちの付き合いで、同じ人間同士だからと安易な考えで接すると失敗する例をお伝えして日本教である人間教の説明を終わらせてもらいます。

吉村作治 長崎新聞2007年1月14日に寄稿されてる中に
イスラム社会にも契約概念があり、 口約束でも守るのが掟と書かれてました。
それは、労働者の家に休日誘われて行き、そこでわからない言葉で、次回来るときカラーテレビを持ってくる約束をさせられてしまった教授がいる、その人は二度と来ないのだが、私は隊長として後処理に苦労させられてしまった。と投稿されてました。

こんなことは、日本人がよく陥る話で何もわからず承諾する、たぶん人間同士の話し合いであるから法外な要求をしてるのはわかってるはずだ、だから人間同士の儀礼として「はーい」と答えとこうとの安易な返事ではないのか と思います。 話し合いという規範のもとに、いつでもあとから話し合いで無理な約束であることをわかってもらえればいいやと日本的な“和を持って尊ぶとなす”の 「なあなあ」 の人間教徒の世界をアラーの世界に持ち込んだのではないか イスラムもキリストの世界も契約は人間同士が神を証人として立ててお互いが神と約束するのである。 
それこそ、人間教を信じる人には契約という概念はない。話し合いという絶対的な基本概念があるだけで「人間性を無視しない範囲で守ればいいだけである。」と考えれば、人間教徒の間では、法外な要求だと、誰もが認めれば“ごめん”とあやまることで不問とされるのです。

もう一つ例をお話します。フィリピンでものづくりを頼みに行ったときの事、 言葉がわからない人が現地に行って、現地人と口約束を交わしてきたときの話です。
その彼曰く、 「言葉がわからなくてもお互い同じ人間同士だから以心伝心で頼んできたよ」とあっさりと言われ、唖然としたが フィリピン人に聞けばなにいってもOKOKの連発だったそうで何事も無ければいいがと心配してたら、予想通りになってしまいました。
出来上がってみれば違う品物で 違うと返品したら だれそれの日本人がOKOKといったとなり もめたことがありました。 いくら口約束でも守らなかったらよからぬうわさが立てられるので、だからある程度の要求をのまざろうえなかった。

最後に日本にも食べてはならない食物規定があるのは御存知でしょうか
イスラム教徒は食べる前に、ブタの食材が入ってなのかどうか必ず尋ねます。
イスラムは宗教の戒律でブタは絶対に食べてはいけないのです。
このことを日本人は簡単に考えます。すると過去にインドネシアの味の素がすごい批判を浴びせられたことがあります。
日本人には食物規定は、ないと思ってるあなた、あるのです。
あなたは犬を猿を蛇を食べれますか。
人間として食べにくいのでは 食べた豪傑たちは皆から非難ごうごうでした。 
「まったく非人間的だ」と。


テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術



長崎方言



プロフィール

南蛮館

Author:南蛮館
日々の出来事を 気づいたことを 書き綴っていきます。



会社案内

有限会社 南蛮館



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



おすすめの逸品

弊社が厳選した商品です。
是非お試し下さい。

【昔懐かしい鯨カツ】 【茂木びわ羊羹】 【長崎特製手焼カステラ】 【島原手延べうどん(夫婦づる)】 【島原そうめん】



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



長崎関連サイト

【長崎南山手雨やどり】 【ハウステンボス公式ページ】 【長崎ペンギン水族館】



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。